1月9日(土)桧原湖ドーム船バックス釣行

 いつまでたっても結氷しない湖面、困ったものです。いつもの年ならもう盃湖や小野川湖はのれるのに・・・・。
 と言うことで、昨日花丸さんが700オーバーの爆釣したバックスさんに初めて行ってきました。朝方5時50分に現地に着いてもだれもいません。不安になって電話をかけて集合場所を再度確認しました。6時10分過ぎにぼちぼち人が集まってきます。6時20分モービルで湖岸まで送迎されて、そこからボートでドーム船に行きます。
 5棟連結されているうち、対面で座るタイプのドームに陣取ります。同じマスの対面には別のグループの方が入り、狭いので1本竿で釣ります。初めてのパターンで、最初戸惑いましたが、1本に集中できるのでこれもありかもしれません。
 7時釣り開始で、最初の1時間は入れガカリに近く、時速60ワカを超えるスピードでした。しかし、徐々にペースが落ちてお昼で188匹でした。300は難しい感じです。アタリは細かいものがほとんどで、穂先の微妙な変化には全てアワセます。魚は下の2本の針にかかるのがほとんどでした。
 お昼からは更に渋くなり、誘っても全くアタリが出ない時間帯が続きました。途中で止めようかとも思いましたが、気を取り直して続け、やっとこさ250匹でした。目標は300オーバーだったので残念でした。
 結氷はいつになることやら、新調したスノーモービル(ski-doo Tundra LT改)が泣いています。
 また、この秋にボシュとマキタから新型の充電式ドリルドライバが発売されました。旧型とトルクを比べるとボシュが80N・m→100N・mに、マキタが82N・m→125N・mにアップされています。旧型ボッシュも使って5年たったので、 マキタ18Vの新型(トルク125N・m)を購入しました。今から氷の穴あけが楽しみです。

<天候、朝の気温>:くもり時々雪、-2℃
<水深とタナ・氷厚>:14m、ベタ底
<道具と仕掛け>:クリスティアCR-PT+角度調整アタッチメント+自作ポリカ穂先1丁、道糸PE0.3号、渋りワカサギ狐1号、タングステンシンカー5.3g
<エサ>紅ラビット半カット
<時間と釣果>7時~15時 250匹
<回数/総実釣時間/トータル/平均時速>1回/8時間/250匹/31ワカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です