氷上釣りに一番おすすめの、Ski-dooスノーモービルは?

 現在、2016年モデルのSki-DooTundraLT600Aceを使っていますが、今改めて新規に購入するとしたら、どのモデルにするかと言う視点でお話したいと思います。

 毎日使うわけではないので、中古で十分と言う意見もありますが、モービルは耐久性が高く20年以上もつので、なるべく新しいモデルでの購入を前提にします。また、日本で現在購入できるのは、YAMAHASki-DooARCTIC CATPolarisの4社ですが、私のモデルのSki-Doo限定で考えたいと思います。

1 対象となるラインナップ

 先ず、Ski-dooのラインナップの中でも、高速レース用モデル、山岳走破用モデルを外すと、残るシリーズはGrand touring、Skandic、Expedition, Tundraの4モデルになります。(写真はGrand touring Sport)

2 スタックしにくさ

 氷上釣りでモービルを使って一番怖いのは、雪交じりの氷でスタックして抜け出せなくなってしまうことです。私のホームグランドの桧原湖など氷の盤がしっかりしまっていない湖では、起こりやすいことです。(写真はSkandic WT)

 前車90年ヤマハOvationはトラック長、幅も短く、頻繁にスタックしていました。また、一度スタックすると雪からモービルを掘り出す必要があり、これがまた大変です。

(1)トラック幅と長さ

 スタックを避けるためには、トラック(キャタピラ部)の接地面積が広い方が有利になります。それには、幅と長さが関係してきます。上記モデルの内、幅が16インチ以上、長さが154インチ以上のモデルをおすすめします。(写真はExpedition Sport)

(2)重量

 スタックから抜け出すためには、モービルの重量は軽い方が良く、300kg近いモデルは避けた方が無難だと思います。(写真はTundraLT)

 現地の業者の持っているモービルは大型の重いSkandicがほとんどです。これは圧縮された道を走る分には問題なく、本来目的の多人数乗車、釣り小屋のけん引に最適であるためです。個人所有で大型モービルはあまりおすすめしません。

3 乗り心地

 次に転倒しにくさと、乗り心地も重要なポイントです。これは、スキースタンスの幅が重要になってきます。

 スキースタンスの幅が広い程転倒しにくく、乗り心地も良くなります。また、2人での釣行も念頭におけば、初めから2シーターのものがおすすめです。

4 積載性能

 氷上わかさぎ釣りでは、テントやドリル、魚探などどうしても荷物が多くなってしまいます。ソリを牽引する以外に、本体にも荷物が付けられると楽です。

 最初から、荷台用のバーが付いているSkandicTundraは、この点が優れています。写真は更に荷台にオプションのバックを積んたところです。

5 搭載エンジン

 搭載エンジンについてみてみると、4ストロークエンジンは、燃費、排ガスの状態ともに2ストロークを陵駕します。馬力は2ストロークの方が上で、山岳走破用モデルなど急坂登攀を求められるモデルには、必要と思います。

 Ski-dooの4ストロークエンジンには600cc・900cc・1200ccがありますが、燃費が良く低速トルクもある600ccのAceエンジン(写真)をおすすめします。

5 比較したモデルの概要

 以下は比較した2020年モデルの600ccの各モービルの概要です。
モデル、(シート、荷台のバー)、トラック長×トラック幅、スキースタンス(各インチ)、乾燥重量:20年価格
Grand touring Sport(2、無)137×15、42.4、227kg:1,481,000円
Skandic WT    (2、有) 154×20、35.4、288kg:1,640,000円
Expedition Sport (2、無)154×16、40.2、244kg:1,521,000円
TundraLT      (1、有)154×16、32、235kg:1,512,000円

 以上を考えると、価格も含めたおすすめモデルは「Expedition Sport」一択となります。20年モデルからシャシがREV Gen4に変更になるようですが、選択の目安となる部分に変更はないようです。ただ、荷台用のバーは、オプションで付けた方がいいと思います。

2 件のコメント

  • 新車、いいですね。
    今の主流はski-dooですか。カナダのメーカーですよね。
    私はとても買えないので、今年も30年物のYAMAHAです。
    ガソリン入れて、エンジン掛けたら、かかりました。
    調子よさそうです。今年も使えそうです。
    氷張らないですね。

    • 桧原湖では、いろいろなメーカーのモービルが走っていますが、ski-dooが多いかもしれません。今日蔵王温泉盃湖に行って来ました。氷バンバン、魚サッパリでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です