日本で入手可能な氷上釣り用キューブ型テント3選

 私の使っているFrabillのアイスフィッシングシェルターと同じような形態のキューブ型テントが、日本のアマゾンでも入手可能となっています。このタイプのテントは、北米の標準テントですが、まだ、日本で入手可能なものは、少ないです。

 キューブ型テントは、中が四角で使いやすく、張り綱をしっかりすれば風には最強と言った特徴があります。

 まだ、氷上で使っている人は少ないので、目立つことは請け合いです。

 こちらでは、その中から、おすすめの3張について、価格や大きさ、生地などのスペックを簡単にまとめてみました。大きさ的にはほぼ1人用(2人だときついです)となっています。出入口2カ所と窓4か所は共通です。

1 エスキモー Quickfish 2

 北米のアイスフィッシングギアを販売しているエスキモーのベストセラーです。断熱仕様はこの上のサイズからとなっています。
 <大きさ>縦60インチ(152.4cm)×横60インチ(152.4cm)×高さ67インチ(170.1cm)
 <重さ>21.5ポンド(9.75kg)
 <生地>300デニールファブリック
 <ポール>金属製ポール
 <価格>40,500円(2020年2月10日現在)
 →アマゾンの製品ページ
 

2 Tangkula 2人用 ポップアップ ポータブル アイスシェルター

 布地が黒いので、曇天時には中でランタンを焚くとより釣りがしやすくなります。
 <大きさ>縦58インチ(147.3cm)×横58インチ(147.3cm)×高さ66インチ(167.6cm)
 <重さ>22ポンド(9.97kg)
 <生地>300デニールファブリック
 <ポール>樹脂製ポール
 <価格>42,042円(2020年2月10日現在)
 →アマゾンの製品ページ

3 Goplusポータブルアイスシェルター

 氷上で映える赤色のシェルターです。
 <大きさ>縦59インチ(149.8cm)×横59インチ(149.8cm)
 <重さ>18.5ポンド(8.39kg)
 <生地>300デニールファブリック
 <ポール>9.5mmポール
 <価格>27,389円(2020年2月10日現在)
 →アマゾンの製品ページ

4 まとめ

 このサイスの日本製わかさぎテント(重さ7.5kg前後)に比べると重めですが、風に強く個性的なテントをお求めの方にはおすすめのテントです。

 ポール材質が金属で強度があるエスキモーのQuickfish 2が個人的には一番おすすめです。

 <参考>
 このタイプのテント設営方法(2019年3月桧原湖湖上)

 →北米のキューブ型テント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です