こだわりのヒメマス炭火焼き キンカ:串焼き炉ばた(大)

 昨シーズンから、炭火焼き専用の陶器製コンロを導入し、ヒメマスの炭火焼きを楽しんでいます。こちらで、使っているコンロをご紹介します。

1 発売元と製品

 (株)キンカというメーカーの「串焼き炉ばた(大)」という製品です。

 (株)キンカでは、これ以外にもBBQコンロや炭火コンロなど、炭火焼きにこだわった製品を製造販売しています。

 元々はアユの塩焼きを想定した製品のようで、ネットで色々炭火焼きを検索していたら、アユ釣り師の方々から絶賛されていました。

 これは、釣り上げたヒメマスに使ったら絶対に美味しい炭火焼きができるに違いないと思い、早速購入しました。

2 構造

 金属製のお皿、珪藻土を使った燃焼台(写真)、一番外側の陶器製コンロ本体からなります。金属製のお皿は、水を張って、魚から流れ出た油を受け止める役割を果たします。

 燃焼台(写真)は、七輪の材料にも使われている珪藻土で作られており、この上に炭を載せます。

 本体には、周囲に合計14個の穴が斜め開いており、そこに金属串を差し込む構造となっています。

 金属串には、根元につばがついており、魚の油が穴に入らず外側に流れるように出来ています。

3 炭火焼きを作る

 魚の内臓を取ってから、よく塩を振って30分位放置し、塩をなじませます。

 この間に炭をおこし、燃焼台に設置します。魚が美味しく焼けるのはナラ炭が良いようなので、Amazonで岩手県産のならの切炭6kgを購入し、それを使っています。
 →ならの切炭(Amazon)

 こちらの炭は、炭があらかじめ切りそろえられており、火が起きたら、そのまま燃焼台に置くことができます。

 丁寧に串に刺し、本体の穴に差し込みます。穴が斜めに開いているので、炭火を囲むようないい具合で魚を並べることが出来ます。

 焼き具合を確認しながら、魚を回転させ、まんべんなく火が通るようにします。熱いので手袋は必須です。

 完全に火が通ったら完成です。このまま食べても美味しいですし、更にひと手間かけて、身をほぐしてフライパンで「ヒメマスフレイク」を作っても、美味しいです。

 魚の塩焼き以外に、牛肉の炭火焼きもつくってみましたが、これもまた絶品でした。こだわりの炭火焼きを作ってみたい方におすすめの道具です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です