氷上で使える充電式ドリル4選

 氷上での穴開けは、充電式ドリルドライバが断然便利です。これがなかった頃は、どんなに硬く厚い氷でも手回しドリルで穴を開けるしかなく、厚い氷に5個も開けると、腕が痛くなっていました。それが、高トルク充電式ドリルドライバをアイスドリルに連結して使えば、穴が開くことに気づいた方がおり、付属品も含めて最近一気広まった感があります。

 こちらでは、まず穴開けに必要なトルクを計算し、各社から出ている充電式ドリルドライバで、氷上釣りに使えそうなものをご紹介したいと思います。

1 必要なトルクと選択基準

 穴開けに必要なトルクについて、一体どれ位必要なのか、常々考えていました。アメリカの氷上釣り掲示板にその答えがあり、それは、だいたい穴の径インチ×100lbf・in(ポンドインチ)だそうです。日本で市販されている氷上ドリルの径は6インチで、トルク表記はNmですので、換算すると6×100lbf・in(≒11.3Nm)=約68Nmが必要なようです。

<以下を基準にして、選択してみました。>
 トルク:80Nm以上
 充電池を付けた重さ:2.3kg以下
 バッテリー:18Vの充電池を使うもので2本付属のもの
 18Vの製品ラインナップは、充実しており、掃除機やLEDライトなど氷上のシーズンオフに使える機種がたくさんあります。

2 おすすめの4機種

 上記の条件を満たし、日本で市販されているものには、以下の4機種がありました。(実勢価格は、標準小売価格のだいたい65%前後)

1 HIKOKI(旧日立工機)DS18DBL22LYPK


 トルク136Nm、重さ2.2kg、標準小売価格73,600円
 →メーカーのページへ

2 マキタ DF481DRGX


 トルク125Nm、重さ2.3kg、標準小売価格 83,200円
 →メーカーのページへ

3 BOSH GSR 18V-85C


 トルク85Nm、重さ2.2kg、標準小売価格 78,000円
 →メーカーのページへ

4 マキタ DF458DRGX


 トルク84Nm、重さ2.3kg、標準小売価格 67,600円
 →メーカーのページへ

 昔は、36V一択でしたが、18Vで小型のブラシレスモーターを使った優秀な機種が出揃った感じがします。全くストレスなく、パワフルに穴を開けたいなら、100Nm以上のトルクのものをおすすめします。自分が使っているのはマキタの2で、気持ち良く穴を開けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です