カヤックで沼沢湖ヒメマス釣行 2019-11

〈6時~14時30分 24匹〉
 昨晩、キャンプ場泊で朝方4時起きて準備を始めました。艤装する荷物が多いのと、湖岸までが結構あるので、バタバタしているうちに、5時を過ぎてしまいました。

 キャンプ場から湖中央の取水塔を目指し、いい案配のところで釣りの準備をします。

 PS31をフィッシングテーブルに付けようと、付属のネジを回してみますが、スコン、スコンと手応えがなくうまく止まりません。

 どうしたものかと接続部を見てみると、何とナットが脱落していました。BMOのこの製品は、ナットが固定されておらず、常に脱落の危険がある製品です。なんとか改善してもらいたいものです。

 ガーミンソナーがないと私の釣りは成り立たないので、取っ手返して予備の部品がないか調べることにしました。

 残念ながら、予備の部品がなかったので、少し大きめのナットをハンマーで無理くり入れました。

 かなり時間をロスして、再度ポイントに着いて釣り始めたら、なんだか何時もの時間になってしまいました。

 利き手の、右竿に赤虫4本仕掛け、左竿に紅サシ8本仕掛けを付けて、釣りを開始します。

 中央から藤ヶ崎方面に向かうと15m付近にまとまった中型魚群を発見し、仕掛けを同調させます。

 左竿の方に下に向かってチョン、チョンというアタリがあり、チビヒメマスが上がってきました。15cm位なので、すかさずリリースします。

 40分位、赤虫仕掛けで粘ってみましたが、ついにあきらめ、右竿紅サシ、左竿ウィリーに替えました。

 やはり、やや大型の群れが見つかったので、紅サシ仕掛けを群れと同調させるとチビヒメマスがダブルで掛かって来ました。

 その後も、1匹だけ小型のヒメマスが掛かっただけで、釣果はかんばしくありません。2度程、ヒメマスのアタリがありましたが、サブの左竿でした。

 9時過ぎなのに、まだ1匹しか上がっていません。これは流石にヤバいと思い、両方の竿ともウィリーに替え、北米から輸入したヒメマススプレーを付けてみました。

 すると、アタリが出始めるようになりました。特に15m付近を泳ぐ魚に仕掛けを落とし込むといい感じにアタリます。

 お昼までに20匹を追加しました。

 お昼からは、昨晩ご一緒したSさんご夫婦が船を係留しているキャンプ場沖のブイに向かい、1年ぶりに湖上のレストランを開店、ヒメマスのバター炒めを作りました。

 13時から再開しましたが、午後は渋く4匹しかあがりませんでした。14時30分になったので、道具を片付け引き上げると丁度、95svとPS31につないでいるバッテリーが空になったようで、95svの画面が消えてしまいました。

 結局、24匹でした。

〈天候・朝の気温〉晴れ、16度
〈タナ〉8~15m
〈時間〉6時~14時30分
〈道具と仕掛け〉カレイ竿2本、ハヤブサヒメマスウィリー5号、空バリ仕掛け、タングステンオモリ30号
〈エサ〉赤虫、紅サシ
〈魚探〉Echomap plus 95SV、Echomap plus 73cv、PS31、PS22、ヘディングセンサー
〈釣果、総数/回数〉24匹、182匹/11回、今年の目標達成、次の目標まで162匹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です