Ski-Doo Tundraが2021年モデルでフルモデルチェンジ

 私の乗っているSki-DooのスノーモービルTundraが、来年(2021年)のモデルでフルモデルチェンジします。今のモデルが出たのが2009年なので、12年目のフルモデルチェンジとなります。

 Ski-Dooでは数年前から古いモデルを最新プラットフォームのREV-GEN4に次々と置き換えており、最後にSkandicとともにTundraにもその順番が回ってきた感じです。

 以下、現行モデルとの違い等について、簡単にご紹介したいと思います。

1 Ski-Dooスノーモービルの中での位置づけ

 Ski-Dooのスノーモービルには、その用途によって様々なタイプのモデルが用意されています。

 山岳の登攀が得意なモデル(Summitなど)、トレイルで俊敏に使うことを前提に作られたモデル(MXZなど)、長距離のトレイル走行が想定されたモデル(Grand Touringなど)、様々な用途に対応するモデル(Expedition)、実用性を中心に作られたモデル(Skandic(写真)とTundra)があります。

 Tundraは、バックカントリーでの作業や遊びに使われることを前提に開発されたモデルです。

2 ラインナップ

 現行モデルでは、設計の古い2ストロークエンジン550Fか省エネ4ストロークエンジン600Ace(写真)を搭載したSport(ショートモデル)とLT(ロングトラックモデル)の2モデルがあります。

 新モデルでも、SportLTのラインナップは変わりありませんが、エンジンからは設計の古い550Fが外れ、代わりにREV-GEN4に最適化された2ストロークエンジン600EFIと、600Aceの2種類となりました。

3 大きさと重量

 以下、LTモデル(600Ace)での比較になります。

(1)全長

 現行モデルでは127.8インチであったのが、新モデルでは129.3インチ1.5インチ程、長くなっています。

(2)トラック長と幅等

 トラック長×トラック幅×深さは、新旧モデルともに154×16×1.5インチと変化はありせんでした。雪上での基本的な取り回しは変化のないものと思われます。

(3)サスペンションとスキースタンス

 新旧モデルとも縦にストロークするLTSサスペンションで、スキースタンスは32インチと変わりありません。Ski-Dooのラインナップの中でも一番狭いものです。引き続き、森林地帯の狭い木立を駆け抜ける用途に活躍すると思います。

(4)乾燥重量

 現行モデルが229kg、新モデルが234kg5kg程重くなっていますが、全体重量の約2%程度なのでそれ程違いは感じられないと思います。

4 装備

(1)座席

 現行モデルでは、バックレストは付かないまでも、標準で広い2人乗り用シートが付いていましたが、新モデルでは、狭い2人乗り用シートになりました。

 ただ、オプションとして、現行モデルの広い2人乗り用シートバックレスト付きの2人乗りシートを選べます。画像は私の現行モデルのバックレスト付き2人乗りシートです。

(2)荷台のバー

 現行モデルでは、荷台のバーが標準で付いていましたが、新モデルのプラットホームでは付かなくなりました。

(3)その他

 電気式スタート、機械式バック、PilotD2スキー、リアサスペンションなどに変わりはありません。また、プラットフォームはREV-XUから他モデルと共通のREV-GEN4となりました。

5 まとめ

 最新プラットフォームモデルとなって、乗り心地はかなり良くなった思われます。しかし、人を載せたり荷物を運んだりする実用モデルとして考えた場合、座席が狭くなったところと荷台のバーが付かなくなったところは残念です。
 
 3月後半頃に次年度モデルの日本での販売予約が始まりますが、価格がどれくらいになるか興味のあるところです。北米では、LT600Aceモデルに何もオプションを付けない状態で10,349ドルとなっています。

 →私のTundraを購入し、メンテナンスしてもらっている郡山市のエムズショップさんのHP
 (次年度モデルの新価格がいち早く掲載されます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です