テントとドリルは? 氷上釣り初心者の方へ(2)

 前回、氷上初心者の方へ(1)と題して、氷上での服装についてご紹介しましたが、今回はテントとドリルの選び方について、ご紹介します。→おすすめの電動トリルについてはこちら

1 テントについて

 前に氷上釣りテント考で今まで使ってきたテントについて、まとめてみましたが、今回は選ぶための視点について考えてみたいと思います。

(1)大きさは

 まず、大きさを決める必要があります。1人での釣行か、3人での釣行かによって、自ずと大きさが変わります。1人で5名用のテントを使うこともできますが、運搬や設営・撤収に苦労しそうです。こちらは、人数標記3~5名で3人用、1~2名で1人用と考えて良いかと思います。

(2)風に強いのか

 一年中で一番寒い季節にする釣りですので、冬型の気圧配置の時など風が強くなることが予想されます。このような日には行かないのが一番いいのですが、休みの関係で釣りを強行する場面も出てくるかと思います。

 このような時に、特に傘タイプの四角のテントを張ろうとすると、風の受ける面が大きく釣りになりません。キューブタイプの四角のテントは、張綱をきちんと打てば驚くほど耐風性があります。風が無いか弱い時のみに釣行するのでないなら、5角形以上またはキューブタイプの四角のテントをおすすめします。

(3)雨に強いのか

 氷上の季節でも、気温が上がって雨にみまわれることがあります。このような時にテントに雨がしみ込んで来ると、不快な思いをすることになります。

 防水スプレーで事前に防水性を高めることはできますが、元々の生地の防水性能が大事だと思います。生地の防水性能はmmで表され、キャンプで使う標準の耐水圧は1500mmです。

(4)中の暖かさは

 外の気温があまりに低いと、中で暖房を焚いても内側の生地に結露した水分が凍り付いて、寒い思いをすることがあります。
 残念ながら、日本のメーカーのテントに断熱性能を持ったものはありません。断熱性能をもった生地(写真参照)は、北米で人気があります。日中の最高気温が氷点下20度の世界では、薄い布地1枚のテントに入っての釣りはつらいものがありそうです。断熱性能を持った生地は2重になっており、重さもそれなりにあります。幸い、日本でも輸入販売しているところもあります。

(5)入手可能なテント

 以下入手可能なテントを簡単にまとめてみました。(→2020年モデルの詳細はこちら

 1 コールマン「アイスフィッシングシェルターオート」(Amazonのページ)
・六角形、耐水圧800mm、M7.6kgとL10kgがあります。耐水圧の点で、大雨が降るようなコンディションでは辛いかもしれません。

 2 プロックス「クイックドームテント パオグラン
・八角形、耐水圧1500mm、レギュラー7.8kg、セミラージ9.7kg、ラージ12.5kgがあります。

 今シーズンのモデルから耐水圧が改善されているので、雨天時も安心です。ただ、最上部に換気口がないので、換気には十分注意する必要があります。

 3 DOD「ワンタッチフィッシングテントT5-244
・六角形、耐水圧1500mm、7.4kg。2~3名用で、1名用としても使えます。

 4 プロマリン「ワンタッチアイスドーム
・六角形、耐水圧1500mm、RとWサイズあり。伝統的なわかさぎテントで、耐水圧の点からもおすすめします。

 5 エスキモー「クイックフィッシュ 3i
・キューブ型テント、断熱仕様、10.4kg。高額なテントですが、中は暖かいです。私のFRABILLの黒いテントも同じタイプです。人とかぶらないテントが欲しい人向け。

2 アイスドリルについて

 ドリルの形状は、もう30年以上前から変わっていません。刃の形状は平刃と曲刃の2種類で、それを手でまわすのか、電動ドリルなどの動力を使うのかの違いだけになります。

(1)平刃のアイスドリル

 MORAの平刃のドリルが有名です。板状の刃を持つモデルで、価格は一番安いです。刃が鈍っていない限り、穴あけに不自由することはないでしょう。

(2)曲刃のアイスドリル

 平刃よりも大きな曲がった刃を持つモデルです。平刃でも穴開けに不自由することはないのですが、こちらは更に氷への食いつきが良く、気持ち良く穴が開けられます。ただ、価格が平刃よりも高いことがネックになっています。写真はその刃です。

(3)手回しか、充電式ドリルか

 最初に購入するのは手まわしドリルだけで十分です。氷が厚かったりすると、穴あけに結構な力が必要になり、5個も開けると腕がパンパンになります。このような経験をしてみて、改めて充電式ドリルの購入を検討すれば良いと思います。→おすすめの充電式ドリル4選(100Nm以上のものがおすすめです)

 手回し式では、ダイワから平刃と曲刃の両方が出ているので、おすすめです。
→ダイワのアイスドリル

3 ソリ

 ソリは、市版のジャンボスレーで十分かと思いますが、資金に余裕があり、今後もずっと氷上釣りを続けたいと考えているのであれば、ジェットスレッド(写真)をおすすめします。
 →ジェットスレッドの販売店のページ(楽天市場)
 大きさに大きな違いはありませんが、頑丈さ(厚さ)と荷物の固定方法が違います。ジャンボスレーではネットで固定、ジェットスレッドではカバー(別売)で荷物を固定します。ネットで固定していると、どうしても積載物が落下したり、雪が入り込んできたりします。カバーがあれば、その不安から開放されます。

→シリーズの他の記事
1氷上の服装 3基本道具 4便利な道具

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です