船の電気アジ釣り2020(新潟東港沖)

 新潟に電気アジ釣りに行ってきました。

 今回は、新潟港の鈴木釣具店さんに釣り船の手配をお願いし、東港となりの網代港の幸進丸さんに乗船することになりました。

 前回に続き、釣友Nさんと鈴木釣具店で4時に待ち合わせ、サビキ仕掛けや氷などを取り揃えてから乗船場所に向かいます。こちらは、24時間営業の釣具店で、東港方面での釣りにはとても便利です。

 船には、16名の乗船者があり、8名は団体さんでした。この時期東京からのお客さんだとヤバイと思い、ナンバーを確認したら、会津ナンバーでしたので、一安心です。今回は、他に新潟と私の福島ナンバーでした。

 道具は、コマセマダイ竿3mとクッションゴム30cm、アジ用サビキ8本仕掛け、オモリ100号です。メバル竿3.6mとどちらを使うか迷いましたが、船内で取り回しやすい3m竿にしました。

 出航後、30分位沖に向かって進み、船を定位させて、強力水中グリーンライトを点けて水中を照らします。釣りを開始直後に1度アタリがあったきりで、しばらく沈黙の時間が続きます。

 途中で、落下を誤って止めたら、サバの猛攻撃をくらい、仕掛けをダメにしてしまいました。タナはほぼベタ底で、そこまで素早く落下させないと、このようなことになります。

 8時前位から、待望のアタリが出始めました。柔らかいムーチングロッドなので、アタリも大きく出て、楽しめます。更に30分過ぎから、入れ食いモードに突入し、船内が忙しくなります。

 サバも底まで回遊するようになり、アジとサバのダブルセットが何回もありました。このような時は、上でサバが暴れている内に、アジが外れることも多々ありました。サバのみ多点で掛った時は、凄い引きで糸が引き出され、隣とオマツリすることもありました。

 アジの型は、結構良く、30cmを超える大物も数匹上がりました。アジの多点掛けは、ダブルが4回、トリプルが1回ありました。

 隣の釣友の竿が大きく引き込まれ、船べりに上がってきた大きな魚はサワラでした。この魚も脂が乗って美味しい魚です。

 11時30分の終漁まで、入れガカリが続き、結局50匹のアジが釣れました。サバも4本だけ持ち帰りました。

 12時過ぎに港到着で、どこか宿がないか道すがら探しましたが、見当たらす、高速のパーキングエリアで仮眠を取りながら、帰ってきました。

 アジは今が旬の時期で、この魚も刺身、塩焼き、干物、タタキなどいろいろな料理を楽しめます。電気釣りは、仕掛けも単純で、アワセも向こうアワセで良く、簡単な釣りですので。この時期のおすすめの釣りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です