猪苗代湖レイクトローリング(ハヤ多数、20210911)

 1シーズンぶりに相方とボートでのレイクトローリングに行ってきました。

 6時30分に現地に到着すると、すでに多くの車が集まっており、今回は5艘が出航するようです。

 外は雨で、カッパを着込んで出航です。

 最初に、何時もの崎川浜を目指しました。

 ボートの釣りには、今まで3m竿を使っていたのですが、今回はカヤックで使っている1.8m竿とリールのセットを2セット準備しました。

 最初に貝殻模様のスプーンを付けて、何時ものルートを流します。

 3流し目でようやくアタリがあり、ドラグが曲がらないまでも竿が大きくしなりました。

 巻き上げると、魚の引く手ごたえはありませんが、重みはあります。近くまで寄せてくると茶色の魚体に白い口が特徴的なハヤ君が釣れましした。

 どうも、ドラグが鳴るような引きでないと、トラウト類ではないような感じです。

 今日は釣り人が多く、崎川浜の河口付近に2組、バスボートが2艘いました。

 その後も、同じようなラインとトレースしていくと、たまにアタリがあり、上がって来るのはハヤばかりです。

 その内、ジェットスキーも多数走るようになり、挙句の果てに他のボート類も流していた水域に集合してきました。

 このまま釣りを続行することは無理そうなので、急遽釣り場を舟津川河口方面に変更して、そちらに向かいます。

 スプーンを流すと、先ほどよりも更にアタリが頻繁に出て、入れた瞬間に喰いついたハヤ君もいました。

 これではしょうがないと、スプーンからミノーに代えて、深さ10m付近を流してみます。

 流石に、ハヤ君もミノーには喰いつかないようです。

 何回も流しているうちに、ドラグが鳴る物凄いアタリがあり、竿を手に持つと重い手ごたえと魚が暴れる感じがつかめます。

 ドラグを緩めて慎重に巻いていくと、遠くの水面に魚が浮き上がり、幅広の波紋が見えます。

 イワナやサクラマスにしてはおかしいです。

 近くまで来ると、40cmはあろうかと言う大きな口が見えました。なんと大ナマズです。

 慎重に船べりまで寄せようとしましたが、その手前で2号のハリスが切られてしまいました。

 その後、スプーンに代えるとやはりハヤ君の猛攻撃に会います。

 ミノーに代えますが、針が多い分根ガカリしやすく、2個ロストしてしまいました。

 時間も終了に近くなってきたので、トローリングしながら秋山浜方面に戻りました。

 すると、相方の竿に重い手ごたえがありました。やった~、最後にトラウトを見れると思ったのですが、上がって来たのはまたもやナマズ君でした。

 今度はなんとか取り込めましたが、あまり気色のいいものではありません。

 記念撮影をして、すぐにリリースしてやりました。

 結局制限時間までやって、狙っていたイワナ、サクラマスは釣れませんでした。

 どうも、船のスピードが遅すぎたようで、次回はちゃんと魚探でスピートを見ながら走りたいと思います。

 また、昔ナマズを食べた時があって、煮付けると白身魚で美味しかった思い出があるので、もし釣れたら持ち帰って料理してみたいです。

1 個のコメント

  • こんばんは、それにしても大ナマズ・・・ラインブレイク残念でしたね、しかし、元々から居た種ではないのでしょうが、一体何なんでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です